ついに脱毛難民からの脱却に成功

今は主婦ですが、脱毛の悩みはさかのぼること中学生の頃からありました。
最初は肌への負担が少ないとのことで「除毛クリーム」を使っていました。

中学生でも簡単に使え、とても安全。お肌がスベスベになり、初めて使ったときはその仕上がり感動しました。
しかし、当時今のように良い香りがするものがなかったのか、いかにも薬剤という感じの匂いが苦手でした。

次に挑戦したのは「カミソリ」。入浴中にジェルを塗り、こちらも簡単に処理できますが、リスクが大きく、
お肌を切って血がでたり、お肌にダメージを与えてしまい、色素沈着や埋没毛、肌荒れなどを引き起こしてしまいました。
次は毛抜きで一本一本抜いていましたが、体勢が大変だわ、時間がかかるわ、やはりお肌にダメージを与えてしまう結果に。

当時学生だったので、脱毛サロンに通うのは夢のまた夢で、費用が高そうだったので断念。
脱毛サロンに通う時間・費用を天秤にかけ、脱毛ジプシーの私が最後にたどり着いたのは家庭用脱毛器。
私が購入したのはウェット&ドライ両用なので、お風呂でもシャワーでも使用できるという優れもので、今でも愛用しています。

カテゴリー: 処理方法 パーマリンク