不要な脱毛をあえて減らしています。

もともとあまり肌自体が強いほうではないので、脱毛には苦労してきました。
学生時代や交際中は肌が傷んできても、剃っていないとだめだ!と荒れた肌を痛めつけるようにカミソリや除毛クリームで脱毛をしていました。

しかし、あまりにも肌が傷んできたので、冬場だし人から見られることもあまりないだろうと思い、
上腕部分だけ剃らずに1ヵ月ほど過ごしたところ、一気に肌質がよくなり毛自体が薄くなってきました。
毎日剃っていた時はそれが刺激になって、刺激から体を守ろうとする働きで毛が濃くなっていっていたんだと思います。

毛が濃いから毎日剃らないと、でもそれが刺激になって…とどんどん毛が濃くなっていく悪循環だったので、
今は、冬場などに人前で露出することがほぼない上腕部や太もものあたりは、あえて毛を剃る周期を遠くしています。
そうすることで、乾燥もすこし和らぎました。

他にも不要な脱毛を減らしてよかったと思うのが、脱毛後の処理の大変さが減った事です。
毎日剃ったりしていた時は、毛穴が目立ってきたりしていたので、顔用の毛穴収れん化粧品を体に使ったりもしていました。
そういったケアにかかるコストや労力も減らせて良かったと思っています。

カテゴリー: 処理方法 パーマリンク